<風船の徘徊 5>  老いもまた楽し

<はじめに>

自我の目覚めは少年期に始まるという。

例えば、幼稚園の頃から、子ども同士で遊んでいて少し意地悪されると直ぐに泣く、友だちに泣かされてばかりの男の子がいたとしよう。
この子がやや成長し、やがて「ボクはどうしてこんなに弱虫なんだろう」と思い始めたとする。
この時に、彼の心の中に 「弱虫なボクA」 に「何故弱虫なの」と問いかける もうひとりの「ボクB」 > が加わる。

少年の「内なる世界」に、A・B二人のボクが同居しはじめる。
対話し始める。
彼は泣かされ、ただ泣いているだけの幼児のボクではなくなった。

自己反省、自己点検、自己評価、自己認識、自意識は、すべて「二人のボクABの対話」・「自己との対話」から生まれるのだ。

ついでに言えば、最近流行りの「若者の言葉」に、「自分を見つける旅」なんていうのがある。
これもこのことと関連する。
「自分で自分がわからなくなった。」
「本当の自分が解らない。」
「自分の本心が自分でよくつかめない」
とも言う。
彼らは(自分が生きてきた環境の中で)本当の自分を見失ったと思い悩む。

だから、未知の旅をして別の「環境」(=日常から遠く離れた場所)に自分の身を置いてみて、本来の自分を再発見したいと願う。

若者に限らず、社会の流れに逆らわないよう、すすんで自己規制し、自分を殺して企業社会の意に迎合しつづけて生き、ある日突然「自己嫌悪」に陥ることはよくあることだ。
好きになりたいのに、自分を好きになれない、と悩む。

それは、上記の真摯な「ABの対話」を自らに許さず「自己との対話」を避けてきたことに起因する。
Bを沈黙させて、Aのみが外部世界に順応することで事足れりとして生きてきたことが原因なのだ。
しかし、それは恰も「鳥が片方の羽根を使わないで大空を飛行しようと試みる」かような不自然なことであって所詮無理が生じる。
本来の自分とは「Aの自分とBの自分」の両方を丸ごと含む「私」なのだから、健全な自己認識を失って当然なのだ。

自分Aを見守る「もう一人の自分B」の成長がなければ、
AとBとの「まじめな対話」が成熟して育ち行くのでなければ、
人間性の形成は望めないし、
自尊心も育たないし、
自己愛も生れることはない。


AとBの「その対話の世界」こそが個性を作る「本当の自分の世界」なのだ。
人がよく生きるためには、「自己と対話する内なる世界」を豊かにしなければならないのである。


<内なるA・B「ひそひそ話」>

ところで、只今「呆け進行中」の私の内にも、「呆けのボクA」と「呆けのAを見守るボクB」がいて、日々AとBが盛んに話し合っているのだ。
ほんのちょっと、立ち聞きしてみよう。

<只今笑談中>

(ちょっと以前の会話)
A「ボク呆けてきたよ。物忘れが増えてきた。イヤだね。」
B「そうホントにイヤだね。もっとよく注意しろよ。」
A「うん。気を付けるよ。」

(しばらく経って)
A「さらに物忘れが増えてきたよ、自分がイヤになる。悲しいね。」
B「そう落ち込むなよ、自然現象だと思って、そろそろ観念しろよ。」
A「うん。なるべく深刻に考えないことにするよ。」

(またしばらく経って)
A「今日は3回もポカやったよ。以前はしくじると自分が悪かったって、罪悪感を感じたけど。今は「またやったか!」と他人事みたい。やったのはボクじゃあないという感じかな。」
B「そうそう。君じゃなくって呆けの仕業なんだ。ボクも<呆けの奴>が、また出てきたかなんて思うよ。予告なくボクら2人の世界を訪れるヘンな客だ。」

(またしばらく経って)
A「このごろは失敗すると笑えて来るんだ。滑稽だね。自嘲の笑いじゃあないよ。」
B「呆けと仲良しになったのかな。ボケとの2人3脚で行くか。時々一緒に転ぶのは仕方がないとしよう。」
A「ちょっと痛いけどね。
馬鹿なことをしてふざけ合う子どもの遊びに似ているかな。
時々危なっかしい意外なことが起きるけど、遊びだと思えば笑って済ませる。」

結論が出たわけではない。人生の夕日が沈むまでつづく議論だろう。


<呆けに馴れ親しむ>

Bの立場から、「ボクAの呆け現象」を観察してみる。

Aには(小さな脳梗塞があるからだろうか)直前に、<しようと思ったこと、言おうと思ったこと>の内容を(その直後に)忘れててしまうことがある。

もちろんのこと、何が記憶から消えたか分からないから、やっかいだ。

気付かぬうちに記憶から抜け落ちたものがあって、抜け落ちたことの自覚だけが残る(日々「探し物はなんですか?」の唄が遠くから聞こえてくる)。

以前なら日々容易にできていた日常の事が、時々できなくなる。

これまで日常生活の中で大した苦労もなく、頭の中で思ったことに優先順序をつけて整理し、順序立てた「筋書き」を頭に置きながら、それに照らしつつ自分の行動をコントロールしていた筈だ。
そんなことは、瞬時に、なんなくできた。

それが老人呆けが始まった私にうまくできないのは、「短期的な記憶」のザルにわずかな水もれがあるからだ。何が流れ落ちたか分からないが、水漏れの音には気づくのだ。

論理的な思考力が落ちたからでは決してない。

今しがたやろうと思ったことを、「思った通りに実行する機能」が損なわれているのは、「短期記憶機能」が十全でないせいなのだ。

この種の、この程度の呆け(=直後orしばらく後にポカに気づくレベル)は付き合いやすい。対応しやすい。

手なずけるべき「敵」は、短期記憶のザル漏れだ。
「標的を射る方法」も明確だ。
と私(=B)は楽観することにした。

記憶機能に有効な補助線を引けば問題は解ける。

「メモ帳」と「頭のメモリー」との2人3脚で生きる。
メモを「書く習慣、見る習慣」を生活習慣に組み込む。、
メモを壁や冷蔵庫の扉に貼り付けることにする。

記憶をこぼさぬよう
何事も急がず、
ゆっくり時間をとってやること。

失敗して手間取っても、
まだまだ十分時間に余裕があるくらいに
予定の所要時間を水増しておくこと。

総じて、モットーとするべきは、「簡素」。
シンプルに考え、
シンプルな遊びを楽しみ
シンプルなリズムで生きることだ。

幼児に学んで、(シンプルなことを)
くりかえし、ゆっくり、こつこつ、
そのリズムを体得して、

呆けを包みこみ飼いならす、余生のリズムを自作することだ。
呆けに「自分の色」を塗ればよい。


<むすび>

老人はいつか来た道を戻っていく。
下り坂から見る眺めは懐かしい風景だ。

そして、内なる世界では今日も AとBが漫談まがいの対話に夢中だ。
呆け現象を「半ば嘆き」「半ば楽しみ」、
「ボケとツッコミ」の「楽しいボヤキ漫才」をつづけている。
二人の話の結論も落ちつくべきほどよいところに落ち着くだろう。

私は今「老いもまた楽し」と考えるようになっている。
私の内なる世界でも外の世界でも、時々いい風に吹かれる機会ががあるからだ。
<2018.10.17 記 >

Back