<風船の徘徊 3>  集団的な記憶・その維持と喪失

猛烈な台風が日本列島を通過するなかで行われた沖縄県知事選は、軍事基地反対派の圧勝に終わった。

この選挙戦が示した確かなことのひとつは、太平洋戦争末期の米軍沖縄上陸作戦による沖縄全土・全住民の壊滅的な被害の歴史が敗戦から73年を経て、沖縄県民のうちでは毫も忘れ去られていないということである。

残念ながら本土の住民の方では、戦争の惨禍について集団的な記憶喪失が徐々に進行している。
少し具体的に述べれば、<赤紙、出征、戦死、玉砕、特攻隊、学徒出陣、総動員法、治安維持法、大本営発表と虚偽戦争報道、東京・大阪大空襲、米軍の沖縄上陸攻撃、広島・長崎の原爆被爆、敗戦後の焼土・国民的飢餓>等 についての「集団的記憶」が高度経済成長以降の日本社会から次第に無くなり消えゆき始めているということである。
朝日新聞投稿短歌の
「水木逝き野坂が去りてホタル舞う 闇へ消えゆく昭和九十年」(小平市 北川泰三作)もこのことを表現しているのだ。
(→水木しげる「娘に語るお父さんの戦記」、野坂昭如「火垂るの墓」)
戦争の歴史の語り部たちの死とともに、昭和という時代の「記憶」が闇へ消えゆく無念と悲しみを詠んだものだ。

ユニークな都市経済学・都市計画の専門家であり、文明批評家でもあったジェイン・ジェイコブズ女史(1916−2006)は、社会が凋落し「暗黒時代」に陥ち入らないためには、「集団的記憶喪失に陥らないようにすることが大切だ」と警告する。
「成功する文明の真の力は(忘れてはいけない文明の)先例のなかに存在する、社会が自己を認識していなければならない」という。
(彼女は、米ベトナム戦争にも果敢に反対した。)

(付記)なお、その彼女の本来の専門領域での活動と闘いを描いたドキュメンタリー映画が10月27日から、神戸「元町映画館」で上映される。
題名は:  「ジェイン・ジェイコブズ――ニューヨーク都市計画――」
(世界一面白い都市はこうして造られた!私たちの知らない歴史の舞台裏。)  
<2018.10. 02 記>



Back