<風船の徘徊 2>  希林さんが亡くなった
 
日本の映画界は彼女の喪失をどのようにして埋めるのだろうか ?

是枝監督は自分は「2度母を亡くした」と、その悲しみを語ったが、映画界自身が偉大な「母」を失ったのだ。

近い過去の例では、渥美清が亡くなったあと、映画界に大きな穴があき今もって埋まっていないことは映画ファンなら周知のことだ。歌舞界における勘三郎の死も歌舞伎の魅力を大きく削いだ。

私はもちろん(松竹や)映画界の代弁をしているわけではない。
映画や芸能の「供給側」と同様に「観客側」にも、希林さんの死によって大きな穴がぽっかりとあいてしまった。 その事実に注目したい。
幸せの提供側と幸せの受取側は共通項・太い絆で結ばれている。
だから、大衆に愛されつづけた、その時代を代表し象徴する偉大な芸能人の死に、国民的な涙がそそがれる。
深い喪失感は、熱烈な希林ファン固有のものではなく、国民的なものだといってよいだろう。

他方同時に、私たちの胸の奥底に湧き出るもうひとつの感情がある。
それは、この稀有の名女優と同時代にあって、その名演技ゆえに映画というものを通して、私たちの生きる時代の「怖さと面白さ」を深く感じ取ることができたという歓びの感情だ。
世はまさに「高齢社会」。 現代の社会と時代の特徴を鋭く映し出す「いい作品」には、老人役を演じる「名優」の存在が不可欠なのだ。希林さんはこの「時代の要請」に見事に応えてきた。一言でいえば、「老女役の重要」な映画を無上に面白くしてくれたのだ。

希林さんという役者に、この時代に出会えたことは、ほんとうにラッキーなことだったとにつくづく思う。
私たちは、彼女の「役者人生」と並行しながら生きてきた。この偶然に感謝しなければならないだろう。
<2018.10. 02. 記>



Back